7DAYSリベンジ

2009年のカナダ映画。監督はダニエル・グルー。主演はクロード・ルゴー。カナダで25,000部以上を売り上げたパトリック・セネカルの小説「LES SEPT JOURS DU TALION」(訳:7日間の復讐)を下に、映画化した作品。

主人公、ハメルは妻と娘の三人で仲睦まじく暮らす父親・亭主であり、良い医師として生活をしていた。しかしある日、一人娘のジャスミンが間近に控えた誕生日会の招待状を配りに出掛けたまま行方不明となってしまう。

不安に駆られる両親。警察からの連絡で見つかった時には、もう無残な惨殺死体だった。怒りに打ち震えるハメル。

無為な日々を過ごす中で、警察から「犯人に違いない」と断定した容疑者の名前を聞く。だが、容疑者はせいぜい25年の収監で済むという。許せないと決めたハメルは独自で彼を裁くことを決める。

題材は良いのに、どうにもマイナーな部類の映画です。個人的には好きなのですが、やはり全体的に地味なのが問題なのかもしれませんね。

ハメルは男を捉え、医師の知識も活かして酷い拷問をします。結構この辺りは見ごたえあるのですが、全体的に目を引く場面が少ないんですよ。ちゃんとテーマは描写はしているのですがね。

ただ、「子を失った悲しみを乗り越える」というテーマ含め、見応えのあるドラマでもあります。是非一度如何でしょうか?
神戸市 引越し 見積もり

投稿日:

絶対服従!王様ゲームでチンチロリン

「じゃ明日なー」「バイバーイ」
「愛ー、もう帰るのー?」
「ごめーん、課題あるから帰るねー」
そういってクラスメートと校門で別れ、一人帰路へと向かう私・愛。でもその時、携帯にメールが来た通知音が鳴った。
メールの差出人は天使と悪魔。タイトルは「王様ゲーム」で、内容は「来ないとあのことバラス」……そう書かれていた。
「なにこのメール…あのことってまさか……」
嫌な予感がした私。あのことってきっと……。
「どうしたの愛ちゃん?」
「え……あ……ちょっと忘れ物」
上手くごまかし、一人校内へと戻り、メールに指定された場所である視聴覚室へと向かったんだけど、
「わーい!らぶりー愛たんだー!」
「ゆ、由香!なんでここに!?」
「うん。ちょっと訳ありで。きてみたら何故かみんないるし」
私の親友たちが勢ぞろいしていた。しかもどうやら皆同じメールで呼び出されたらしい。
そして、再び私達にメールが届いた。
「王様の命令は絶対であること……逆らった者は社会的に抹殺する!?なによこれ!」
その上、私と二階堂君にはさらに別のメールが。
「スカートをめくって下着を見せろ……で、できない、こんなこと」
でも二階堂君は王様の命令は絶対だと言い張り、私は……――
借金 相談 北海道

知らない男に絶対について行っちゃダメですよ

とある田舎で出会った少女の香凜。見た目はまだ幼く、エッチも何も知らない純粋無垢な少女なのであった。そんな香凜が一人の中年と出会って汚されていく!

周囲を山に囲まれた田舎の村付近に来ていた中年男。彼は休日をドライブして過ごしていたのである。そして道路の脇に車を停めて休憩していたのだ。

その時、男の視線に一人の少女(香凜)の姿が目に入る。こんな田舎には似つかわしい服装でいながら清純な雰囲気を醸し出していて、男は思わず見とれてしまったのである。

そしてついつい車を降りて、香凜のパンツを覗き込んでしまったのだ。焦る男に対して騒ぐ事も無いく、逆に男にドライブに連れて行って欲しいと言い出したのだった。

男はチャンスとばかりに香凜を車に乗せて、街へと向かい始めたのだった。そしてエッチな事を教えてあげるよと言ってホテルへと入って行ったのである・・・。

中年男が田舎出で出逢ったロリータ系の少女・香凜。あまりにも自分の理想を絵に描いた雰囲気を持っていたのでついついパンツを覗き込んでしまう事に!

無意識に体が動いてしまったのだが、香凜は全くの無反応で何やってんだろ?的な反応しかしなかったので一安心。

しかも香凜は男に車の持ち主なのかと聞いてきて、暇だからどこか連れて行って欲しいと頼んできて、男にとっては願ってもいない展開に!!

運転中に窓から体を乗り出したり、運転席に座ってきたりしてもうヤリたい放題の香凜。その時に男がエッチな事を教えてあげようか?と聞くと何も知らない香凜は知りたがったわけですね。

こうして男は香凜と一緒にホテルに入って行き、ベッドの上でエッチな事を次々と香凜の体に覚えさせていくんです。ロリータ系が好きな方ならハマる作品でしょう♪
秋田県 出会い

投稿日: